全ての自由意志、自己決定で物事を行う事が出来るようになる武呂具

いつまでヤリたい事を我慢するの?

自己中心力を発揮しながら、人生のベストパフォーマンスを目指す

ストロングワールド(強世)第0話

20代の頃から想像している漫画だけど、誰か描いてくれる人いないかぁという話です。

 

王道に近いかもしれないけど、ちょいちょいグレーなところとか、大人の汚さを織り交ぜた漫画になるよう、ずっと考えていました。

 

出だしは良くある漫画のスタート。

 

 

-----------------------

気づいたら平地の上に、1人横たわっていた。

 

服もボロボロ、パンツは破れかけていて、なにか強い衝撃を受けてここで眠っていたような。

 

南の方は高い崖になっていて、波も荒いので北に向かって進んで行くしか無いか。昔から方向感覚(東西南北)だけはハッキリしていた。

 

腹も減っているし、まずは街を目指して行こう。しかし、何一つ建物らしいものもない。サボテンが不定期に生えていて、まるで砂丘のような感じだが、なにより空気も乾いていて喉が乾く。

 

あぁ、しんどいな。俺もともと会社員じゃなかったっけ?GANTZみたいに自殺願望があって電車に飛び込んだわけでもないし、いつものように会社に行って、、そしてどうしたんだっけな。よく思い出せない。

 

3キロほど歩いただろうか。景色は一向に変わらない。ただ、変わらない中にも若干の変化はあるので、進んでる実感はあった。

 

少し休憩しようにも、飲み物になりそうなものも何もないし、草木を食べるような習慣もないので、そのレヴェルに達するまでは、まだ余裕があるようだ。

 

喉は乾いているけど、死にそうな程ではない不思議な感覚。

 

 

だが、この後、人生初の感覚に襲われる。

 

 

生か

 

 

死か

 

 

(つづく)