全ての自由意志、自己決定で物事を行う事が出来るようになる武呂具

いつまでヤリたい事を我慢するの?

自己中心力を発揮しながら、人生のベストパフォーマンスを目指す

メンタルを強くする方法 vol.最後まで

11.
運動をすることで
社会性や知性をレベルアップする

85singo_shutterstock_218481160

東オンタリオ調査研究所で行われた10週間にわたる研究で、週に2回運動をする人は、社会性があり知性や運動能力においても優れていることが判明しました。

また、運動をする人は自分の体を高く評価しており、自分の体の物理的な変化は、メンタルの強さのカギである自信にも繋がっています。運動をして分泌されるエンドルフィンの前向きな効果が、この違いを生み出すのだとか。

12.
睡眠の確保は
「最優先事項」

睡眠は、メンタルの強さに大きな影響を与える重要なもの。眠ることで神経活動の副産物である毒性タンパク質を除去しています。しかも、その除去機能が働くのは、眠っている間だけ。

そのため、十分な睡眠を摂らないと脳の細胞内に毒性タンパク質が貯まり、思考能力を損なう大きなダメージを受けることに繋がります。これはカフェインを摂取しても、どうにもならないものです。

メンタルの強い人々と言うのは、自分をコントロールする力や集中力、記憶力が睡眠時間に関係していることを知っています。睡眠は最優先事項なのです。

13.
カフェインの摂取量を
コントロールしている

カフェインの過剰摂取は、アドレナリンの分泌を誘発します。これは闘争本能を呼び起こし、危険から逃走を行うときに発せられるもの。元々は、生き残るために素早い判断を行うために分泌されているもので、合理的な思考を停止させます。危険な状況では有効かもしれませんが、普段の生活ではあまり役に立ちません。

カフェインが、あなたの脳と体をストレスによる高い覚醒状態に誘導した時、感情が高まり行動をコントロールできなくなってしまいます。カフェインは仕事をする際に確かに効果がありますが、過剰摂取はNG。あくまで適量を把握し、コントロールすることが大切です。

14.
相手を許すために
謝罪なんて待たない

85singo_shutterstock_139369691

謝罪の言葉があるかないかなんて関係ありません。彼らは許すことで、自分の人生がずっと楽になることを知っています。過去の恨みは、現在の幸せを破壊します。憎しみや怒りは、人生の喜びを壊す寄生虫のようなもの。

恨みを抱くことによるネガティブな感情は、あなたにストレスを与え、心身ともに破壊してしまうことになりかねません。許すことは、相手のためというよりも、あなた自身を自由にするためにできるひとつの方法でもあるのです。

15.
とにかくポジティブ!
コントロールできないことは
心配しない

確かめようのないことについて考えても答えは出ません。ニュースを見ていても、世界が最悪な方向に向かっているのではないかと思うような情報の連続ですが、自分がコントロールできないことを心配して気持ちを囚われても何も変わりません。

一晩中、革命について考えるよりも、自分の目の前のことに情熱を傾けた方がずっと生産的なものです。