全ての自由意志、自己決定で物事を行う事が出来るようになる武呂具

いつまでヤリたい事を我慢するの?

自己中心力を発揮しながら、人生のベストパフォーマンスを目指す

コミュ力が高い人がやっている、たった一つの事。

外交的な人が必ずしもコミュニケーション能力が高いわけでもないし、友達をつくる能力が高い人が関係を維持する力が高いわけでもないです。

では、本当にコミュニケーション能力の高い人はどのようなことをしているのか
以前、実は内向的な人のほうが相手の気持を察することが出来るのでコミュニケーション能力が高いという話を紹介しました。

コミュニケーション能力の高い人は「真似をする」という事がわかっています。
コミュニケーション能力の高い人は自然と相手の口癖を真似していたり、口癖なども無意識に移っていたりしています。口癖も仕草も真似ると親近感を増すのに役立つと言われますが、コミュニケーション能力の高い人は無意識に自然とそれをしています

デューク大学で105名の女性を対象に行われた実験があります。参加者の外向性を検査した上で、全員に二人一組になってもらい簡単なゲームをやってもらいました。そうすると、外向性が高い参加者ほどコミュニケーション能力が高く見えて相手の言葉や動作を真似する能力が高かったという結果が出ています。
つまり、相手を真似たほうがコミュニケーション能力は高くなるということです。

コミュニケーション能力が低いから話が続かないという人もいますが、それは単に話題性の問題です。コミュニケーション能力の高い人は、そのような人でも話題を提供する能力が高かったり、相手の言葉や動作を無意識に真似ることで親近感を与えて相手からも話題を引き出すことが上手なわけです。

この実験では、外交的な人がコミュニケーション能力が高いのはこの「真似ること」が原因だとしています。
人間は他人とうまく関係を作らないといけない状況になると相手を真似るようになります。内向的な人は、相手を観察して理解しようとしますが、外交的な人はとにかく仲良くなろうと考えて相手の動作などを真似するようになります。
つまり、コミュニケーション能力の高い人の特徴は相手と仲良くなりたいと思ったら無意識に相手を真似るといえます。

これは人間が進化の過程で手に入れたものではないかとされています。相手とうまく協力してチームワークなどをつくるためには相手の模倣をするということが起きて、それが言語や表情やジェスチャーのようなものをつくり出しいったのではないかとこの研究では言われています。

相手を自然な程度に真似ることが仲良くなるのに役立つのではないでしょうか。

あるデータによると、友だちが少ないのは、1日に15本のたばこを吸うのと同じ程度の健康被害があるといわれています。友人の多い人は少ない人に比べて50%も死亡リスクが下がるそうです。
ですから、相手を真似ることなど意識して友達はつくったほうが良いと思います。

友だちが多いほうが仕事への満足度も高まり、自己分析も出来るようになるということもわかっています。
自分を正しく見ようとすれば、やはり他人の目線が必要になります。しかも、遠慮なく本音で言ってくれるような友達がいないと自分がどのような人間なのかがわからなくなってしまいます。
このような効果も少し意識しながら、相手と仲良くなるコミュニケーションをとっていただければと思います。